「癒しの庭」ドットコム
個人庭園  石阪邸         
主庭と前庭がひとつになった庭
建物の中央に玄関があり、道路から居間がまる見えになるので、門を横向きにして、庭を見ながら自然に玄関に至るようにデザインしました。
門を入ると、まずコナラの植え込みとドウダンツツジの低い生垣があります。それらを見ながら庭園内に入っていくアプローチとし、外部の景色とは違った雰囲気をつくりました。これからが庭園であるという入り口の雰囲気を大切にしています。
主庭は和風庭園とし、和室からのポイントとして水鉢を中心とした景を作り、流れは水を使わずに、白川砂利による枯れ流れとして、芝生と植え込みの見切りにしています。
洋風の居間の前にはテラスを作り、雑木の根元に草花や花鉢を置いて花を楽しむ場所にしています。
門から玄関に至る通路
    
         和室から見た水鉢のある和風庭園
      
門   
   
                     居間から見た景観
           
主庭      



プレスリリース
「住まいがあり、緑があって、はじめて調う、住環境」 宝箱(株)日本住研
日経ビジネスAssocie 日本庭園に癒される

Copyright(c) Imagaki Inagaki LandscapeDesign Laboratory Inc. All Rights Reserved.